ニキビ跡とか毛穴の開きが気になる!効果的な対処法は?

ニキビ跡や毛穴が目立つ原因と消す方法です。
あなたもニキビ跡やオレンジの皮のような毛穴の開きが気になって、メイクに不安を感じていますよね?

コンシーラーで隠れるくらいの毛穴の開きだったらいいけど、化粧の厚塗りも毎日は嫌だし、ニキビ跡になるとちょっとカバーしきれない!!!さらに肌荒れなんかの肌トラブルにもなりそう。。。

このページでは、そんなあなたのニキビ跡や毛穴の悩みを解決できる重要情報を掲載しています。

ニキビ跡や毛穴の開きが「老け顔」に見られるので嫌!

もちろん、ニキビ跡はそのままでも嫌ですし、毛穴の開きや肌のきめが荒れていたりするのも気になりますよね?

実際に、町の声を聞いてみると、

ニキビ跡が目立つと清潔感が無いように見られちゃって残念な感じ。。

毛穴の開きが見えると、大幅に老けて見られちゃう・・・

こんな声が聞かれます。

ほっぺたや目元、おでこ、小鼻など、ニキビ跡や毛穴が気になる部分って、やっぱり人からも見られる場所が多いんですよねーーー。

そんなニキビ跡や毛穴の悩み解決法の前に、まずはその原因を見てみましょう。

 

ニキビ跡を3種類に分類

ニキビも色(白や赤、茶色など)や形によって、いろんな種類がありますが、ニキビの炎症がひどくなったり、つぶしてしまったりした結果、肌に残ってしまうニキビ跡にもいくつかの種類があります。

大雑把に分類すると3種類くらいでしょうか。

 

  1. 一番目立つ、デコボコ凸凹のクレーターのようなニキビ跡
  2. 血の色のような赤い色が透けて見る赤みニキビ跡
  3. こげ茶色~薄茶色のシミのようになってしまったニキビ跡・ニキビ染み

 

ニキビ跡の種類によって、最適なケアの方法は違います。

下にまとめていますので、あなたのニキビ跡を一度見て、一番近い項目を見て、対策をはじめましょう!

 

デコボコ凸凹のクレーターのようなニキビ跡の治療法

クレーターのようなニキビ跡って、深刻ですよね?

実際、デコボコ凸凹のクレーターのようなニキビ跡というのは、ニキビの炎症が悪化してさらに毛穴の奥で化膿してしまったり、ニキビがどうしても痛かったりかゆかったりして、触ってつぶしてしまったりしたときに、皮膚のかなり奥のほう(皮下組織)までダメージを受けてしまった跡だからです。

表皮の細胞は、実は常に内側から外側に押し出されて入れ替わっています(ターンオーバー)。擦り傷や切り傷などがいつの間にか治っていくように、細胞の回復機能やターンオーバーを経るにつれて回復していきますが(なので凸凹クレーターの表面は他の部分と同じような肌色の皮膚になっていることが多いと思います。)、皮下組織はそうではありません。

もちろん、人間の細胞は約2ヶ月くらいで、体毛以外はすべて入れ替わるそうですが、入れ替わったからといって、そう簡単に減ってしまったり、削れてしまった細胞が補充されるわけではないのです。

特にダメージを受けた細胞は、更新もうまくいかなかったりして、再生自体がうまくいかなくなっていた利することがあります。

そのため、このような凸凹クレーターニキビ跡の治療には、美容皮膚科や形成外科、皮膚科などでのレーザー治療や手術がおすすめです。一度、クリニックなどで診察や説明を受けるのが確実です。

 

赤みニキビ跡の治療法

赤みニキビ跡はニキビ炎症の際に、周囲の血管などをうまく通過できなかった血液の赤いヘモグロビン色素が取り残されてしまった状態であることが多いようです。

これ自体はそれほど珍しい現象でもないのですが、顔の皮膚が薄い部分だったり、傷口(ニキビの場合は炎症ですね)が相対的に目だたなくなってきてしまって、赤い色素が相対的に目立っている状態です。

このような赤みニキビ跡は、深さによって

  • 体内に色素吸収されるのを待つ
  • 皮膚の細胞の新陳代謝を促して、排出させる

のどちらか、または両方です。

色素「だけ」を外科手術や科学的な方法で取り除く方法がないためです。外科手術の場合は皮膚ごと切り取るようになりますが、さすがに顔にそのような手術を希望する人は少ないようです。

美容皮膚科などで相談してみるのもひとつの方法です。

待つだけではなんですから、吸収や新陳代謝を促す方法があったら、イライラしなくてすみますよね?

それにはやはり、

  • 適切な運動
  • 健康的なバランスの良い食事
  • 規則的な生活と睡眠

耳が痛くなるような話ですが、体の血行や回復力を高めるのが基本です。

逆に言うと、

「肌の新陳代謝を阻害することをしない」ということ。

何が新陳代謝を阻害するかというと、

  • 運動不足
  • 栄養のバランスが良くない食事
  • 不規則な生活
  • ストレス

などです。こういった肌や皮膚の細胞や体の回復力にマイナスの要因をなるべく減らしつつ、しっかりと毎日の保湿などのスキンケアで肌をいたわってあげることが、地道なようで、一番重要な対策なんです。

こげ茶色~薄茶色のシミのようになってしまったニキビ跡・ニキビ染みの治療法

もうちょっと黒っぽい色のボヤンとしたニキビ跡は、「ニキビ染み」とも呼ぶ人が多いようです。

これはニキビの炎症などの刺激に反応して、メラノサイトで生成されたり集まってきたメラニン色素が残った状態。

これも色素なので、赤みと同様、吸収されるのを待つか、古い皮膚の細胞と一緒に排出されるのを待つか、

どちらかです。

ただ、メラニン色素はヘモグロビンよりも色が黒いですし、結局は「シミ」なので、美容皮膚科などでのレーザー治療も可能です。シミの色や広がり方、地肌の色とのバランスにもよりますが、これも一度医師の診察を受けるがおすすめです。

ただし、ニキビ治療は健康保険の適用が可能ですが、ニキビ跡は健康保険適用外の皮膚科が多いようです。(費用がかなり高額になる可能性があるということ)

 

そこまで大げさにしたくない方にはシミ対策や美白コスメを試して見るのもひとつの方法です。

その場合は、地道ですが、「赤みニキビ跡治療法」と同じで、肌の新陳代謝を促すのをひたすら継続することです。

でも、シミ対策、というと他にもいろいろなノウハウが巷に出回っていますから、気も楽ですよね?

ニキビ染み対策として、日ごろ避けたいものには、

  • 紫外線や摩擦などの刺激
  • 不規則な生活や睡眠不足
  • 乾燥肌
  • ストレス

などがあります。

逆に、肌の新陳代謝を促すといわれているのが、

  • 規則的な生活
  • 栄養バランスの取れた食事・ビタミン
  • 肌を清潔に保つ
  • 保湿
  • 肌の栄養・美容成分

こちらもいわゆるスキンケアの王道ですが、さらに意識するなら、最新の美白成分や美容成分がたっぷり入った美白コスメ、美白美溶液でのスキンケアを毎日、継続して行うのがおすすめです。

 

毛穴ニキビ跡ケアに!ベルブラン美容液
【60日間返金保障・最大45%OFF
超お得なコースは
>>ここをクリック!<<
2510 毛穴ニキビ跡専用美容液ベルブラン
タグ: